海外対応

海外のGPSファイルを表示

  • 起動画面で「GPS描画」ボタンでGPSファイルを読み込むと国内の場合は「どこでもパノラマ」の地図が、海外の場合はGoogleMapの地図を表示してほとんど国内と同じように軌跡を見ることができます。

  • この地図ではGPSデータの時刻に従って人形マーク(地図右上)が指定したインターバルで移動し、同時にGoogleMapが位置を移動します。

  • 写真にリンクされている場合人形が撮影地点に来ると写真を表示します(上図例)

  • 地図の縮尺は画面右下の「縮尺」ボタンで変更します。

  • GPSに記録した点を全て地図表示するとデータによっては表示位置がなかなか進みませんので「表示間隔」ボタンで飛び飛びに表示します。

  • 画面右下の黄色の枠は時間帯を示しています。ここをクリックして見たい時間帯にジャンプすることができます。

  • 切替時間(インターバル)ボタンで地図の切替時間間隔を変更します。ネットの通信速度、PCの処理速度などに応じて適宜設定してください。

  • 写真とリンク、高低図表示、スライドショー、マイレージ登録、GoogleEarth(TM)、GoogleMap(TM)などの操作は国内の場合と同じです。

HOME  マニュアル索引  次を見る