Google Earth(tm)表示の詳細設定

Google Earth上に写真入りGPS軌跡入り地図を表示)(Google Earth表示の詳細設定
Google Earth(TM)上に写真入りGPS軌跡入り地図を表示

(事前の操作)
  • 「起動画面」の「GPS描画」ボタンでGPSファイルを読み込んで地図上にGPSの軌跡を表示。
  • 地図画面で「WEB地図」ボタンを押して「GoogleEarth(GPS軌跡入り)」を選ぶと下記のようなGoogleEarth表示条件を設定する画面が出ます。(下図は写真とリンクしてある場合の画面です)
  • ここには既に写真リンク時に入力した条件を織り込んでいます。ここでは軌跡表示のラインの幅、色、表示する写真のサイズなどの条件を追加します。 写真の条件以外はOKであればOKボタンを押すとGoogleEarthが起動します。

Google Earthの表示条件詳細設定
  • 上記の描画条件の設定がGoogle Earth画面にどのように反映されるかを説明します。

  • 「タイトル」チェックボックスにチェックを入れるとタイトル欄の文字がGoogleEarth上の左上に表示されます。
  • 「現地時間で表示」にチェックを入れると「時差」欄の時差を考慮した時刻を表示します。(通常はチェックをいれておいてください)
  • 「起動時の表示」欄では
    ・視点(俯角)--真上から見るか斜め上から立体的に見るか。
    ・起動時の画面で全体を表示するかスタート地点をクローズアップするか。 を選択します。
  • GoogleEarthには「ツアーの再生」機能があり(詳細別途説明)ツアーを開始すると
    ・写真がある場合は写真がスライドショーのように切り替わりながら撮影地点を自動的に移動。
    ・写真がない場合は距離を示す距離点、あるいは時間を示す時間点の自動的に移動。
    などの動きをします。「ツアー時の表示」欄でツアー時の俯角、カメラ高さを指定します。
  • 「高度描画モード」ではGPSの軌跡を地表に沿って描画するか、またはGPS高度で描画するかを選択します。通常のドライブ、登山などでは「地表に沿って表示」を選択してください。飛行機などの場合のみ「GPS高度で表示」を選んでください。
  • 「ラインの幅」「ラインの色」でGPS軌跡の線の太さ、色を指定します。
  • 「ポイントの種類」で一定の距離毎のマーカー「距離点」を選ぶか一定の時間ごとにの「時間点」を選びます。距離点、時間点はその間隔を変更できます。 マラソンなどの場合は1KMごとなどとするとラップタイムなどが分かります。
  • 「形状」でポイントの形状を四角にするか矢印(方位)にするか選択します。矢印は進行方向を示します。GoogleEarthの表示方位を各方向に回して見る場合は四角をお奨めします。
  • 「説明」は各ポイントをクリックしたときに速度などを表示する場合にチェックを入れます。
  • 「表示項目」でポイントの脇に併記されるこうも弧を選択します。
  • 「添付情報」
    ・「軌跡沿線情報」でGPSの軌跡付近の情報だけを表示します。このモードは非常に長い距離を走った場合などに有効で、データ数(ファイルサイズ)が膨大になるのをセーブできます。
    ・「地図表示全域」は現在地図に表示されている範囲のデータを全部表示します。「道路情報」にチェックを入れることにより山岳地帯でも登山道が入りますので山岳地帯が非常に分かりやすくなります。(地図サイズが「大」の場合のみ) ただし都市部などはデータが極めて膨大になりますので適宜判断してください。


    (カメラ関係)

  • 「表示画像サイズ」で撮影地点をクリックした時に表示される写真のサイズをピクセル単位で設定します。
  • 「カメラ時差」で撮影時の条件を入れます。日本は通常9時間です。 日本で設定したままkaigaiで撮影した場合は9時間のままでOKです。
  • 「カメラの時間補正」でカメラの時刻設定の詳細な誤差を補正します。 通常のカメラでは「分単位」でしか設定できない場合がありますので完璧にGPSと写真をシンクロさせるには正確な補正が必要です。これを完璧にシンクロさせるには時刻が表示されているGPSの画面を一度撮影して撮影時刻(カメラ時刻)と表示時刻を比較することにより誤差を算出できます。
  • GPSと写真をリンクさせて自分のPCで見る場合は既存の写真画像を読んでGoogleEarthに表示できますが、これを保存してKMZファイルにすると元画像のサイズが通常膨大であるためファイルサイズが極めて大きくなりメールなどで配布するには向きません。「配布用に画像縮小」にチェックを入れておくと上記で設定した表示サイズに縮小した小さなファイルにすることができます。「画質」で縮小画像の画質を選択できます。通常は20で見れる画質が得られます。
  • GPSにリンクする画像は通常GPSのデータが取れている時間帯だけになるため出発前に撮影した写真などはリンクされませんが「時間外の画像も表示」にチェックを入れておくと前後1時間の画像もリンクするように設定できます。
  • 「撮影条件表示」にチェックを入れておくと写真表示時にシャッター速度、絞り値なども表示します(上図)
  • 「アイコンに写真を使う」にチェックを入れて置くと撮影地点を示すアイコンが縮小した写真になります。チェックを外すとアイコンはカメラマークになります。

Google Earthファイルの保存

  • 本ソフトからGoogleEarthを立ち上げて閲覧する場合には何時でも必要なものを表示することができますので通常はファイルを保存する必要はありませんが、メールに添付したりWEBサイトに掲載したりする場合にはファイルに保存する必要があります。

  • Google Earthのファイル形式は

    ・「KML形式」---- テキスト形式の非圧縮ファイルですのでファイルのサイズが大きくなります。また写真付きのファイルにしてメールで送りたい場合には別途写真のフォルダー/ファイルを用意する必要があります。

    ・「KMZ形式」---- 圧縮ファイルとなりますのでファイルサイズ゙がかなり小さくなります。また写真が入っている場合でも一つのファイルに集約できますのでGoogleEarthのファイルをメールに添付して送る場合などは大変便利な形式です。

    (*注意)大きな写真サイズの場合、そのままKMZで保存すると膨大なファイルサイズとなります。 本ソフトでは画像表示のサイズに縮小圧縮して保存する機能がありますので描画条件設定時に「配布用に画像縮小」にチェックを入れて小さな画像ファイルを自動的に作成します。

    (以下、表示画面をKMZ形式で保存する方法につき説明します)

  • KMZ形式でファイルを保存 (下記の手順で保存します。)

    @「場所」パネルにある「D-パノラマ by DDS」レイヤーをクリックしてハイライトさせます。(ハイライトされた情報のみファイルに保存されます。これで全部の情報が保存されます)

    A「ファイル」メニューを選択します。

    B「保存」を選択し C「名前をつけて保存」を選択します。

    D保存するファイルに名前をつけて  EKMZ形式で保存します。




HOME  マニュアル索引  次を見る