Google Earth(TM)の楽しみ方

各種表示条件の設定

  • ここでは「どこでもパノラマ5」で表示されるGoogleEarthをどのように楽しむかを説明します。
    (GoogleEarthの一般的な操作方法はこちらに公式な説明があります

  • Google Earth(TM)がインストールされている必要があります。まだインストールしてない場合はGoogle Earthダウンロードサイトからダウンロードしてインストールしてください。

  • Google Earth(tm)のインストールが完了したら「どこでもパノラマ5」で作ったサンプルを表示してみてください。(サンプルはこちら→以下このサンプルで説明します)
    ここでの設定は単に次の2点のみです
    @レイヤパネルの「地形」のチェックを入れる→山岳などを見る時に3D表示して立体感を出します。
    Aツアーの条件の設定→GPSの軌跡のツアー時に写真などを自動でポップアップ表示させます。
    これらは一旦設定しておけばあとは手を触れる必要はありません。

    ・@「地形」にチェックを入れる
  • Google Earth(tm)が起動すると下記の様な画面が現れます。
  • 画面の左下にある「レイヤパネル」にある「地形」にチェックが入っていることを確認してください。
  • もしも左側にパネルが出ていない場合は「パネルの表示、非表示ボタン」でパネルを表示させて「地形」にチェックが入っていることを確認してください。これで地形が3Dで表示されます。


    ・Aツアーの条件設定---(GPSの軌跡をツアーする際の設定です)

  • Google Earth(tm)のツールバーにある「ツール」→「オプション」→「ツアー」と進んでください。
  • 画面左下にある「デフォルトに戻す」で一旦全ての条件をリセットしてみてください。
  • 「ツアーの一時停止時にバルーンを表示」にチェックを入れてください。
    これで写真がある場合はツアー時に自動的に写真を表示しながらツアーが進みます。 また、写真がない場合は「距離点」または「時間点」のデータを表示しながらGoogleEarth(TM)の画像が移動します。

実際に表示してみる

    Google Earth(tm)のインストールが完了したら ここをクリックしてサンプルを表示してみてください。
    (画面左側にレイヤーパネルが表示されていない場合は「パネル表示/非表示ボタンでレイヤーを表示しておいてください)

  • 表示された時のままで何も手をつけていない状態で「Ctrl + Alt + P」または「ツアースタートボタン」を押すと写真の撮影場所をツアーしながら写真が表示されます。(これは「ツアーの一時停止時にバルーンを表示」にチェックを入れた結果です)

  • 一旦ツアーを終了してから「ツアー(スムーズ)」をクリックしてハイライトさせてから「Ctrl + Alt + P」または「ツアースタートボタン」を押すと単に軌跡上をトレースして表示されます。

    以上の表示ができればGoogleEarthの設定は完了で、この設定された条件は保存されて以後この条件が再現されます。

  • Google Earthは大変奥の深いソフトですので詳細につきましては公式サイトで学ぶと共に実際に動かしながらスキルを向上させることにより一層楽しさが増すものと思います。


Google Earthファイルの保存

  • 本ソフトからGoogleEarthを立ち上げて閲覧する場合には何時でも必要なものを表示することができますので通常はファイルを保存する必要はありませんが、メールに添付したりWEBサイトに掲載したりする場合にはファイルに保存する必要があります。

  • Google Earthのファイル形式は

    ・「KML形式」---- テキスト形式の非圧縮ファイルですのでファイルのサイズが大きくなります。また写真付きのファイルにしてメールで送りたい場合には別途写真のフォルダー/ファイルを用意する必要があります。

    ・「KMZ形式」---- 圧縮ファイルとなりますのでファイルサイズ゙がかなり小さくなります。また写真が入っている場合でも一つのファイルに集約できますのでGoogleEarthのファイルをメールに添付して送る場合などは大変便利な形式です。

    (*注意)大きな写真サイズの場合、そのままKMZで保存すると膨大なファイルサイズとなります。 本ソフトでは画像表示のサイズに縮小圧縮して保存する機能がありますので描画条件設定時に「配布用に画像縮小」にチェックを入れて小さな画像ファイルを自動的に作成します。

    (以下、表示画面をKMZ形式で保存する方法につき説明します)

  • KMZ形式でファイルを保存 (下記の手順で保存します。)

    @「場所」パネルにある「D-パノラマ by DDS」レイヤーをクリックしてハイライトさせます。(ハイライトされた情報のみファイルに保存されます。これで全部の情報が保存されます)

    A「ファイル」メニューを選択します。

    B「保存」を選択し C「名前をつけて保存」を選択します。

    D保存するファイルに名前をつけて  EKMZ形式で保存します。




HOME  マニュアル索引