GPSファイルを地図などに表示

GPSファイルを地図に表示

  • GPSファイル(GPSのメモリーに保存されたデータをダウンロードしてファイルに取り込んだデータ)を読み込んで地図に描画します。 当ソフトでは各種のGPS軌跡ファイルの形式に対応しています。 本ソフトで読み込み可能なGPSファイル形式は

    ・GPX (GPSエクスチェンジファイル形式)
    ・TRK (Garmin社のトラック形式(テキスト形式)
    ・GDB (Garmin社のMapSource用バイナリ形式)
    ・TRL (HOLUX社のバイナリ形式)
    ・DTR (デジタル・データ・サプライ形式)

    などです。GPS各社でサポートする形式は極めて雑多でそれぞれに互換性に乏しい状態にありますが最近世界標準ともいえるGPXフォーマットをどのメーカーでもだいたいサポートするようになりました。本ソフトではこれをサポートしていますのでこの形式に変換して読ませてください。

  • 索引画面(本ソフトを立ち上げた状態)の右側にある「GPS軌跡描画」ボタンをクリックします。

    (GPSファイルを読み込む方法は上記以外に)
    @GPSファイルを起動画面左の地図にドロップすると自動的にGPSの軌跡が地図画面に表示されます。
    Aまた、Windows立ち上げ画面にあるどこでもパノラマ5のショートカットアイコンにGPSファイルをドロップすると本ソフトが起動して自動的にGPSの軌跡が地図画面に表示されます。
    BGPSファイルに本ソフトを関連付けしておくとGPSファイルをダブルクリックするだけで本ソフトが自動的に起動してGPSの軌跡が地図画面に表示されます。

  • 各種の軌跡ファイル形式のファイルを選択すると軌跡が地図に表示され(下図 赤、青のライン)この上を人形アイコンが移動します。

    (なお、サンプルの軌跡データはCD-ROM またはDVD-ROMの中の「¥GPS」フォルダーの中にありますのでお試しください。またGPSからダウンロードしてご覧になるにはGPSから軌跡データをダウンロードをご覧ください。)

  • GPSの軌跡データを地図上から呼び出すようにすることが可能です。 これにはGPSの軌跡が描画されている状態で「ランドマーク」ボタンを押してから地図上の任意の点をクリックすることによりその場所に「G」マークが追加されます。 これでGPSファイルが地図上に登録されますので次回よりこの「G」マークをクリックすれば何時でも地図上から軌跡データを描画できます。
    (この「Gマーク」を消去するには地図上の「G」マークを選択して 「shift + 左クリック」すると消去画面が出ます。)


  • GPSファイルが表示されると地図右下に「マイレージ登録」ボタンが出ます。これに登録するとGPS軌跡ファイルが項目別(例えばウォーキングなど)に整理されて累計の歩行距離などが集計されます。(マイレージ登録に関する詳細は別途マイレージについてに掲載してあります)

  • 一旦GPSファイルを読み取るとそのデータは鳥瞰図やGoogleEarthの地図、GoogleMapにも適用され、それぞれの地図に軌跡を表示します。下図はGPSファイルを読み込んでからGoogleEarthを表示したものです。


高低図の表示


  • 地図画面右側の「GPS軌跡高低図」ボタンを押すと下図のような高低図が表示されます。軌跡に近い地点の地名が自動的に追加されます。

  • 高低図で必要な区間だけを抜き出して見たい場合は高低図上の見たいスタート地点でマウスを押しながらマウスを移動して見たい終了地点でボタンを放せばその区間だけがクローズアップされます。 再度グラフをクリックすれば軌跡全体の高低図が表示されます。

  • 「表計算ソフト」ボタンを押すと高低図のデータ(時間、距離、高度など)を「*.csv」形式でファイルに出力します。 この形式は表計算ソフトで読めますので独自のスタイルでグラフなどを作成できます。(別途表計算ソフトが必要です)

  • 「地名」ボタンを押すとGPSの軌跡周辺の地図上にある地名データを抜き出して表示します。 (地図に表示された地域のデータのみ表示可能です)

カロリー計算

  • GPSのデータから速度、距離、時間を計算し、年齢、性別、体重を考慮して消費カロリーと体脂肪換算値を計算します。カロリー計算の対象はウォーキング、ランニング、サイクリングです。
    (カロリー計算の基礎データ、計算方法は日本体育協会の「スポーツのエネルギー代謝」に準拠しています。標高差は計算に入れていません)

  • GPSの軌跡を表示して高低図を表示すると高低図左上に「カロリー計算」ボタンが出ます。これをクリックすると下図のようなカロリー表示画面が出ます。 ここで体重、年齢、性別を入れて「運動の種類」をクリックすると図の下部にカロリー計算結果が表示されます。(昔の「夢舞」マラソンの例です)



  • GPSデータにはドライブの部分などが含まれている場合がありますが、そのような時は高低図グラフで(例えば)ウォーキング開始時間からウォーキング終了時点までをドラッグするとその区間だけのカロリー計算が可能です。(しかしGPSマイレージで正しくウォーキングのデータを集積したい場合は出来る限りGPSデータを編集して運動した部分だけを選択して保存します)

鳥瞰図にGPSの軌跡表示
  • 地図にGPS軌跡データが読み込まれている状態で「部分鳥瞰図」ボタンを押してから地図画面をクリックすることにより鳥瞰図には自動的にGPSの軌跡が描画され、軌跡上をマーカーが自動的に移動します。 画面をクリックすれば見る方向、俯角、描画範囲などを自由に変更できます。(部分鳥瞰図の機能と同様です)



HOME  マニュアル索引  次を見る