起動画面-地図表示

起動/索引画面
  • データをインストールしていない場合はCD−ROMを挿入して立ち上げてください。

  • 起動すると下記の様な索引図が現れます。


  • 上記画面の地図の任意の地域を右クリックすると地図画面(小)を表示します。
  • 以下、地図画面の場合は地図の任煮の地点を右クリックするとその場所を中心に拡大、センターホイールをクリックすると縮小します。

  • 画面右上の「マニュアル」ボタンをクリックすると操作マニュアルが現れます。

  • 画面右上の「設定」ボタンを押すと下図のような画面が出て −@緯度、経度の表示スタイルの選択 A地図などの緯度、経度表示を世界測地系にするか日本測地系かの選択 B地図画面の文字サイズ選択 CGPSとのデータ通信のための通信ポート番号選択−などの設定が出来ます。


  • 画面右側の「地名索引」ボタンは山の名前が分かっているが何処にあるのか分からない時などに山名、標高などから検索して地図を表示します。(地名索引に関する詳細はこちらを参照)

  • 「GPS描画」ボタンを押すとGPSファイルを開いて地図上にGPSの軌跡が表示されます。GPSファイルのフォーマットはGPX,GDB、TRK,DTR,TRLなどをサポートしています。 (GPSファイルを地図に表示参照

    この機能は海外もサポートしており海外の場合にはGoogleMap上に軌跡を表示し、そこからGoogleEarthを表示したり写真を埋め込んだりできます。 (海外対応はこちらを参照

    (GPSファイルを起動画面左の地図にドロップすると自動的にGPSの軌跡が地図画面に表示されます)

    (また、Windows立ち上げ画面にあるどこでもパノラマ5のショートカットアイコンにGPSファイルをドロップすると本ソフトが起動して自動的にGPSの軌跡が地図画面に表示されます)

    (GPSファイルに本ソフトを関連付けしておくとGPSファイルをダブルクリックするだけで本ソフトが自動的に起動してGPSの軌跡が地図画面に表示されます)

  •  ボタンで「マイレージ」に登録されたGPSファイルを整理、集計して表示します。例えば「ウォーキング」として登録しておけば累計歩行距離などが集計されて表示されます。その中にあるファイルをクリックするとその軌跡を地図上に表示することができます。(マイレージ登録に関する詳細はこちらを参照してください)

  • 「GPSダウンロード/軌跡編集ボタン」で @GPSからPCにデータをダウンロード AGPSファイルの編集を行います。

    @「ダウンロード」を選択するとGPSからデータをパソコンに取り込みます。GARMIN社のシリアルポートタイプの機種をサポートしています。 これ以外の機種の場合はGPSに付属の、または推奨のダウンロードソフトを使って取り込んでください。各種のGPSに対応したダウンロードソフトを登録しておくと本ソフトからそれらのソフトを起動できます。(ダウンロードの詳細はこちらを参照してください)

    A「編集」ボタンではGPSファイルの不要な時間帯を削除したり不正確な部分を削除したりします。ビジュアルな画面から能率的な編集ができます。 (編集の説明はこちら

  • 「GoogleEarth」ボタンは既に保存してあるGoogleEarthファイル(KMZ,KML)を選択してGoogleEarthを直接起動します。

  • 「GoogleMap」ボタンは既に保存してあるGoogleMapファイル(HTML)を選択してWEBブラウザ上にGoogleMapを表示します。

  • 起動画面右下にあるCD-ROMマークのボタンを使い本ソフトで使う各種データをハードディスクにインストール(コピー)したり削除します。 ソフトをインストールしただけの状態では本ソフトに使用するデータはまだハードディスクに入っていませんので起動の度にCD-ROMを入れる必要がありますのでここからインストールしてください。これで起動時に毎回CD-ROMを入れなくても起動できるようになります。
    (データのインストールに関する詳細はこちらを参照)


地図の表示/拡大/縮小/移動


(まず起動画面の全国図の任意の地点をクリックして地図画面を出しておいてください)


    (地図画面の基本ルール)
  • 地図を左ドラッグして表示位置を移動します。
  • 地図を左ダブルクリックするとその地点を中心に地図が拡大します。(小縮尺)
  • 地図を右ダブルクリックするとその地点を中心に地図が縮小します。(大縮尺)

  •  のボタンを押すと指定した地図サイズを描画します。 例えば地図(大)から一挙に地図(小)に飛ぶことができます。

    (地図の各ボタンなどの機能については別項をご覧ください)

HOME  マニュアル索引  次を見る